バイアグラってどんな薬?

ピン

バイアグラが必要な方はこちらから購入できます。

 

バイアグラの名前はよく聞きますが、一般的には勃起を促す効果のある薬ということ

 

がよく知られますが、もう少し詳しく解説します。

 

ある日突然、自分の意に反して、ペニスが勃起しなくなった。

 

「おかしいな?」

 

「疲れているのかな?」

 

「どうしたんだろう?」

 

 

その日は何とか終わります。

 

 

次回になると前回不調だったのが頭をかすめます。

 

「今日はうまくいくだろう。」

 

「前回は体調が悪かったのかもしれないな。」

 

「今日も少し疲れているけど大丈夫だろう。」

 

 

しかし今日も調子がわるい。

 

 

それからの「今日もうまくいかないのでは・・・」

 

という不安とプレッシャーの日々・・・

 

 

それからは負のスパイラルで男としてのの自信がすっかりなくなり・・・・

 

 

ED解消

世紀の朗報

そんな男たちにとって、世紀の朗報というべきニュースが飛び込んできた。

 

1998年の春先である。

 

アメリカのファイザー社が飲むだけでOKの勃起不全治療薬』を開発し、世界でも審査基準の厳しい

 

ことで知られる、あのFDA(Food and Drug Administration = 米国食品医薬品局)もそれを承認したというのだ。

 

 

そのニュースは瞬く間に世界中を駆け巡り、新聞、テレビ、雑誌などで一大旋風を巻き起こした。

 

 

日本では国内発売前に一部でバイアグラ購入ツアーというものも企画され、いち早くバイアグラを手に入れた人も出ました。
※現在はこういうツアーはありません。

 

しかし、その効果のすごさや体験談が次々に紹介されていく一方で、服用者の死亡事故などの

 

ニュースも耳に入るようになりました。

バイアグラは安全な薬

『一度』試してみたい』とは思うものの、そうしたニュースが伝えられる副作用のリスクを考えてしまうと、

 

手が出せずにいた方も少なくないのでは?

 

 

しかし、日本性機能学会も、

 

『この手の飲み薬としては、初めてまともな効果が期待できる』

 

と言っているように、服用する際の注意事項を守れば、バイアグラは安全な薬である。

 

 

ジェネリックバイアグラは非常にお得!

日本でのバイアグラの解禁

バイアグラは1998年3月に、日本の厚生労働省にあたるFDA(米国食品医薬品局)によって

 

販売を許可された世界でも初めての経口勃起不全治療薬です。

 

 

日本では1999年の1月に申請から半年という新薬としては異例の速さ(通常の医薬品の場合は3年近くかかります)

 

で当時の厚生省によって承認され、3月23日からは日本ファイザー製薬のバイアグラが

 

『医師の処方を必要とする医療用医薬品』として正式に解禁されました。

 

 

現在は主成分が同じで、効果も同等で低価格のジェネリック商品のバイアグラも多く手に入るようになってきました。

人気

商品名 バイアグラ 100mg錠
バイアグラ 100mg錠

性行為の40分〜1時間前に服用いただきます。お水と一緒に飲み込み服用して下さい。
服用から約4時間から6時間、効果が持続します。
純正品のバイアグラです。
100mg錠となりますので非常にお得!
※初めての方はピルカッターなどで半分の50mg、またはその半分の25mgから始めてください。その量でも充分効果の出る方が多いです。コストも下がりますので大変お得!

1箱 4錠 3箱 12錠 5箱 20錠

6,780円

15,880円
1箱 5,293円

24,880円
1箱 4,976円

詳細・購入

 

 

売れてます

商品名 カマグラゴールド
バイアグラジェネリック

性行為の40分〜1時間前に服用いただきます。お水と一緒に飲み込み服用して下さい。
服用から約4時間から6時間、効果が持続します。
1錠あたり約300円とお得です
50mgでも充分効果の出る方が多いです。これなら1回あたり150円とかなりお得!

1箱 4錠 3箱 12錠 7箱 28錠

2,980円

3,380円
1箱 1,260円

5,380円
1箱 769円

詳細・購入

初めて服用される方は、いきなり100mgをそのまま使用するのではなくピルカッターなどで半分とか3分の1などにし、少ない分量から使用してください。(コストも下がりますので非常にお得になります。)