バイアグラのジェネリックが日本でも解禁、販売

ジェネリック・バイアグラは非常にお得!

 

ED治療薬のバイアグラのジェネリックが日本でも解禁されました。
そこで先発品とジェネリック品の価格の検証をしてみます。

 

2014年にバイアグラのジェネリックが日本でも解禁になり5月26日より日本の東和薬品からバイアグラのジェネリックが販売されることになった。
(東和は今月19日に国内で初めてバイアグラのジェネリックの承認を取得した。)

ジェネリックとはどういうものか?

『ジェネリック』というのは、英語で「一般的な」という意味を持つ単語です。

 

欧米では、お薬を処方する時に、ブランド名ではなく、一般名(generic name/ジェネリックネーム)
が使われることが多く、それが「ジェネリック医薬品」(generics)と呼ばれ、世界共通の名前
となって、日本でも「ジェネリック医薬品」という名前が広まリました。

 

新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に発売される医薬品だから、「後発医薬品」とも言われています。

 

 

ジェネリック医薬品の優れていること

 

ジェネリック医薬品は先発医薬品の主成分と効能はそのままに、更に改良が加えられています。

 

具体的には大きくて飲みづらい錠剤を小さくしたり、錠剤自体の形状を変更したり、
苦くて飲みづらいものを飲みやすくしたりしてよりよい様に改良されています。

 

ジェネリック医薬品の最大のメリットは価格です。

 

商品にもよりますが、先発品の8掛けとか6掛けと大幅に安くなります。

 

新薬を開発するには、莫大な費用と時間がかかります。

 

しかしジェネリック医薬品はその開発費用と時間が省略されますので価格をおさえられ、
消費者(患者)にとって先発品と同等の効能を得られ財布に優しいといういいこと尽くしです。

価格の比較を検証

バイアグラなどのED治療薬は健康保険の対象外で薬価がつかず、医療機関が価格を設定できます。

 

そのため診療所や病院などで処方してもらうと、薬と別に初診料や診療代がかかります。

 

薬の料金は、国内では25mgと50mgの2種類がありますが1錠あたり1,500円くらいが多いみたいです。

 

上記の国内ジェネリックのものは50mgで1錠あたり1,250円くらいで価格設定されているみたいです。

 

通販のバイアグラ

バイアグラ50mg バイアグラ100mg

バイアグラ50mgの個人輸入

1箱4錠入り

 

1箱 6,980円
3箱 16,580円
5箱 25,580円

1錠あたり 1,246円〜

 

購入ボタン

バイアグラ100mg個人輸入代行

1箱4錠入り

 

1箱 6,780円
3箱 15,880円
5箱 24,880円

1錠あたり 1,210〜円
(※ 50mg換算で 約605円)

 

購入ボタン

※通常25mgのものをお使いの方は、ピルカッターなどでカットしてお使いください。
(100mgのものは4分の1。50mgのものは2分の1にカット。)

 

バイアグラジェネリック
商品名 カマグラゴールド
バイアグラジェネリック

性行為の40分〜1時間前に服用いただきます。お水と一緒に飲み込み服用して下さい。
服用から約4時間から6時間、効果が持続します。
1錠あたり約300円とお得です
50mgでも充分効果の出る方が多いです。これなら1回あたり150円とかなりお得!

1箱 4錠 3箱 12錠 7箱 28錠

2,980円

3,380円
1箱 1,260円

5,380円
1箱 769円

詳細・購入

 

初めて服用される方は、いきなり100mgをそのまま使用するのではなくピルカッターなどで半分とか3分の1などにし、少ない分量から使用してください。(コストも下がりますので非常にお得になります。)