シアリス 20(20mg錠)

シアリス 20(20mg錠)

シアリス 20(20mg錠)

現在発売されているシアリスの容量は20mg,10mg,5mgの3種類があります。

 

≪シアリスは20mg錠がお得!≫

 

日本では、シアリスの容量は20mg,10mg,5mgの3種類が認可されています。

 

ではこの3種類はどのように使い分けすればいいのでしょうか?

 

ちなみに日本で処方される中で一番需要のあるのは10mg錠みたいです。

 

 

バイアグラ等の他のED治療薬の場合、海外では100mgのものが一般的ですが、日本では100mgのものは認可されていません。

 

日本では50mg錠が容量が一番多くこの50mg錠が認可されています。

 

なぜ50mg錠のものはよくて、100mg錠は認可されないかの理由は公開されていませんが、ED治療薬は多少の副作用がありそのリスクを避けるためという説もありますが、バイアグラの発売当時(その時はまだ日本では認可されていません。)海外で、心臓の悪い方や、セックスを禁止されている方もこぞってバイアグラを服用し、死に至ったというニュースも出ていたのも考慮され大事をとって100mgは認可しないで50mgは認可したという経緯ではないかといわれています。

 

一般的に海外の方は大柄な方が多いのですが、日本人は小柄だからという理由もありそうです。

 

 

話はシアリスに戻りますが、やはり海外の方は大柄な方が多いので、通常シアリスの20mg錠のものを服用しているみたいです。

 

薬はこの体格差で服用する容量が変わってくる場合があります。

 

例として市販の風邪薬の錠剤がありますが、これも体格で飲む数量が変わってきます。

 

●6歳以上11歳未満は1回1錠
●11歳以上15歳未満は1回2錠
●15歳以上は1回3錠
となっています。

 

ですからシアリスをはじめて服用する方は、いきなり20mgのものを1回で服用するのではなく、20mgのものをピルカッターなどで半分の10mgから始めることをオススメします。

 

実際10mgで充分に効果の出る方も多いみたいです。

 

もっと慎重にするなら10mgのものをさらにその半分の5mgから初めてもいいかもしれません。

 

もし5mgのものが効果が今一つなら、10mg.にし、10mgのものが効果が今一つなら20mgにするといいかもしれません。

 

私も10mgで充分効果が出ています。

 

ぜひ試してみてください。

 

 

20m錠と10mg錠は容量分まで価格が違いません。

 

ですからシアリスは20mgのものを購入して、もし10mgで用が足せればコストも半分になり価格的にも非常にお得です。

 

5mgで間に合う方も20mgのものを購入すれば、財布に優しい使い方になります。(4分の1のコストになります。)

 

純正シアリス

 

≪シアリスを購入するときは20mg錠を購入しましょう≫

 

 

もっとコストを下げたい方はシアリスのジェネリックタイプがオススメです。

 

大幅にコストが下がります。


ホーム RSS購読 サイトマップ