シアリスの通販ではニセモノ注意

シアリスの通販ではニセモノ注意

シアリスの通販の注意事項

最近はバイアグラやシアリスなどのED治療薬が非常に多くの需要が出てきています。

 

主な購買層は中高年の方だけではなく、20代の若年層の方はもちろん、30代、40代の働き盛りの方も、インポや中折れなどのED症状を発症させるためにED治療薬を必要としている方が非常に多くなっています。

 

問題は本物の正規品(純正品)を購入しなければいけません。

 

ネット等でバイアグラ激安販売  1錠 1ドル(約100円) などと極端に安く販売しているのも見かけますが、そういうものはほとんどがニセモノです。

 

ほとんどが中国産とは言われていますが、よくわかりません。

 

最近も隣国の人間が日本で大量のニセモノのバイアグラを販売目的でで所持してたということで逮捕されたというニュースも出てきています。

 

うどん粉みたいなものを丸めて色を付けて、バイアグラの名称を使ってもED治療薬の効果は全くありません。

 

 

シアリスの主成分はTadalafil(タダラフィル)という物質でこの成分が入っていませんとED治療薬として機能しません。

 

 

通販(個人輸入代行)を使ってED治療薬を購入するときは本物(純正品)を購入しましょう。

 

 

シアリス純正品
     ≪純正品シアリスの公式サイトはこちら≫

薬事法に注意

個人輸入代行業者に依頼する通販でのシアリス購入は、医師の処方箋がなくても入手出来ますが、必ず守らなくてはいけないことがあります。

 

それは薬事法に沿った方法でなければいけません。

 

では薬事法では何を気をつけなくてはいけないでしょうか?

 

 

薬事法

 

個人が利用する目的での個人輸入でなければならない

 

 あくまでも購入者だけの利用に限られる。
 ※販売目的や、他人に譲渡目的は禁止。

 

1回の輸入量は1ヶ月分に限る

 

  シアリス等のED治療薬は1ヶ月使う数量のみ輸入することが可能です。
  シアリスは「1日1錠までの服用」と決められていますので、1回の輸入につき約30錠までとなります。

 

男性限定

 

 シアリスを使用するのは男性ですから、購入は男性限定となります。
 ※妻が旦那のためにとか、ボーイフレンドにプレゼントなどの購入は認められません。

 

 

医薬品の「個人輸入」、「個人輸入代行」は自己責任のもとで利用することが許可されています。

 

 

 

通販(個人輸入代行)は違法ではないのか?

個人輸入代行では海外のメーカーから直接医薬品を仕入れるという形をとっているため国内で販売していることにはなりません。

 

ですから国内では病院や診療所に行き処方箋がなければ手に入りませんが、通販では処方箋が無くても大丈夫です。

 

通販(個人輸入代行業者)でシアリスの購入は非常に手軽で便利なため、この方法を採用する方がもっと増えると思いますが、優良な個人輸入代行業者と取引することが肝心です。

 

 

≪史上最強のED治療薬シアリスの公式サイトはこちら≫

 

 

≪価格の安いジェネリック品「タダリスSX」はこちら≫

 

 

≪価格の安いジェネリック品「タダシップ」はこちら≫

 


ホーム RSS購読 サイトマップ