シアリスは副作用が一番少ない

シアリスの高齢者服用について

シアリスの高齢者服用について

人間はいくつになってもいつまでも若く、元気でいたいという願望があります。性生活も然り男性はいつまでも女性を愛したいものです。

 

人は誰でも年齢を重ねると、身体の機能が少しずつ衰えてきます。特に性機能がその症状に顕著に表れます。
女性では閉経となりますが、男性は生殖機能であるペニスが勃起不全となり性交渉が不能になります。
極端な言い方ですが昔から女性はいつまで女性なのか?というのがありますが女性は灰になるまで女性です。

 

それでは男性はいつまで男性なのか?
EDになった時が終わりの始まりです。

 

これは悲しいことです。性生活を充実したものへと導く手段としては、ED治療薬であるバイアグラなどを服用するということが一番確実と言えるでしょうが、こうした高齢者?の方もバイアグラなどのED治療薬を使うことができるのでしょうか。

 

結論から言えば、バイアグラなどのED治療薬は高齢者でも使用することができます。

 

しかしバイアグラなどのED治療薬は副作用があります。
この副作用は、動悸、めまい、頬のほてりなどですが、これには個人差があります。
そしてバイアグラ、レビトラ、シアリスで比較しますとシアリスが一番副作用の影響が少ないことで知られています。

 

高齢者の方には体の負担の少ないシアリスがいいと思われます。

高齢者のED治療薬の使用の実態

ED治療のためにED外来の病院やクリニックにはどのくらいの人が行っているのでしょうか?
驚くなかれ、なんとED外来の病院には60歳以上の高齢者が少なくありません。
そしてその多くの人がED治療薬をちゃんと処方してもらっているのです。

 

中には70代でも来院してバイアグラを処方してもらう方もいらっしゃいます。
「まるで若返ったかのよう」という声も聞かれることから、
高齢者にもバイアグラは効果があるということが実感できるでしょう。

 

とはいえ、ED治療薬はあくまで「性の力を呼び起こす」というのが役割です。
セックスには激しい運動が伴います。
そのため、無理に行為に没頭して体に負担を掛け過ぎてしまうという方が少なくありません。
※自分の健康状態を鑑みあまり無理をされないようにお使いください。

 

前立腺肥大防止効果もある

シアリスの成分のタダラフィルにED治療薬として以外の効能があることが分ってきて、用途が広がっています。

 

その1つが前立腺肥大の治療です。2014年に厚生労働省はタダラフィル2.5mgと5mgを前立腺肥大の治療薬として承認しました。タダラフィルが尿道平滑筋を緩めて排尿障害を改善することが認められたからです。この目的で使用するときはシアリスではなくザルティアという商品名になります。ザルティアは頓服ではなく1日1回服用する薬で、健康保険が適用されます。

 

もう1つは、肺高血圧症という心臓から肺への血流が悪くなる難病の治療です。この病気にはタダラフィルが1日40mgという高用量が連日投与されます。肺高血圧症の治療薬として使用されるときは、やはりシアリスではなくアドシルカという別の商品名が使われています。

 

また、日本では承認されていませんが、欧米ではシアリス5mgを連日服用してEDを治療する治療法が認められています。シアリスを一定期間連日服用することで、服用を中止した後も勃起機能の回復がしばらく継続したという報告もあります。これは、シアリスがEDの頓服としてではなく、根本的な治療薬になる可能性が示されたということです。

 

 

心臓病の方はシアリスの服用をお止め下さい。

他にはシアリス使用禁忌もご覧ください。

シアリス

シアリス

 

シアリスと効果成分、効能が同じで、価格も安いシアリスジェネリック

 

 

ジェネリックシアリス「タダシップ」

 

 

タダリスSX

 

※本品は20mg錠となります。初めて使用する方はピルカッターなどで半分にしてお使いください。10mgでも充分効果の出る方が非常に多いいます。コストも下がり非常に経済的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ