シアリス通販|個人輸入情報

シアリス通販は個人輸入でシアリスを格安で購入できる

シアリスの効果時間はバイアグラ、レビトラの約6倍から9倍の持続力

世界の3大治療薬としては「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」がありますがその中で持続時間、使いやすさ、副作用の少なさが人気で世界で一番使用者が多いのがシアリスです。

シアリスご紹介

シアリス

シアリスジェネリックご紹介

シアリスジェネリック「タダシップ」

 

 

シアリスジェネリック「タダリスSX」

シアリスとはどういう薬?

ED治療薬としてはバイアグラが知名度抜群で、使ったことのない方も効能がなんであるかご存じだと思います。

 

シアリスは、バイアグラ、レビトラに次いで最も新しいED治療薬で米国のイーライリリー社により2003年に発売され、日本では2007年9月より日本イーライリリー社より販売され現在に至ります。

 

その後シアリスは、2013年には全世界のED治療薬でのシェアが42%となり、世界で一番利用されるED治療薬となりました。

 

人気の理由は、効果持続時間の長さと、食事の影響を受けない使い勝手の良さで、更に他のED治療薬と比較しても副作用の発生頻度は低く安心して利用できることです。

 

効果持続時間は約36時間あり、バイアグラやレビトラ(4〜6時間)と比較しても圧倒的に長くその差は歴然です。

 

もっと具体的に言い換えると金曜日の夜に服用すれば、日曜日の朝まで効果があります。

 

欧米ではこの特性でウイークエンドピルと呼ばれています。

 

さらにその特性から導きだされる使用方法は「1錠で翌日も行為が可能」というものです。

 

もちろん効果持続時間中でも、性的刺激を受けない限りは、勝手に勃起することはありませんので安心してください。

 

一般的にシアリスは20r錠が主力ですが、欧米の人々と比較すると小柄な日本人はその半分の10mgでも充分に効果が出る方がいますので初めて使う方はピルカッターなどで半分にし使用してみてください。
※コストも半分になり非常にお得です。

 

シアリスは、勃起機能を改善する効果が非常に高く、一度使ってみることをオススメします。

 

シアリスの効果が期待できるED症状

 マスターベーションはできるが、セックスではほとんど勃起しない。

 

 朝立ちはあるが、セックスでは勃起しない。

 

 セックスをはじめても、なかなかペニスが硬くならない。

 

 硬さが出るまで、大幅に時間がかかり相手が怒り出す。

 

 勃起不十分で挿入できない。

 

 セックスの途中で柔らかくなり、中折れする。

 

 早漏ぎみに中途半端な硬さで射精してしまい気持ちよさが半減する。

 

 セックスしても、硬さが不十分で快感が弱く射精出来ない。

 

 薬をのむ時間を気にするのがわずらわしい。

 

 以前バイアグラを服用したら、副作用が強く他の薬を探している。

 

 デートの時は必ず飲食してからセックスするので食事制限はつらい。

 

シアリスの主な効能

シアリスの効能はよく勘違いされている方がいます。

 

シアリスを服用後、いきなりペニスが勃起するのではないかと思っている方がいますがそういう事はありません。

 

シアリスの効果は勃起をサポートする役割を担っているのであって、性的興奮を促したりする媚薬的効果などはありません。

 

性的刺激を受けなければ勃起もしませんし、一度勃起した場合でも性的刺激が収まれば、勃起も自然に治まりますので安心して服用して下さい。

 

 

シアリスの主成分はタダラフィルという物質なのですが、この物質のおかげで効果の持続時間を長くする事に成功しました。

 

先発品のバイアグラやレビトラの効果持続時間が4時間から6時間のところ、シアリスはこの効果持続時間がなんと36時間という長時間の効能が認められます。

 

 

人間の欲望は3つありまして

 

睡眠欲  性欲  食欲

 

以上の欲望は人間の人間たる、どこの誰でも持っている本能の欲望です。

 

疲れをとるため眠くなり、お腹がすけば食事をし、異性を見れば種族保存の本能が働き、セックスしたくなります。

 

特にセックスの前にパートナーとゆっくり食事をし、その後セックスするというパターンも多くなっています。

 

バイアグラやレビトラは食事をたっぷり摂ったあとに服用すると、効果が大幅に低下します。

 

特に焼肉などの脂っぽいものは効能が低下しますので注意が必要です。

 

過度なアルコール摂取も同じです。

 

しかしシアリスは食事やアルコール摂取はバイアグラやレビトラほど影響が左右されません。

 

普通に食事をしても効能に影響を与えませんので安心です。

シアリスの副作用

副作用と聞くと、身体に悪い影響があるのかな?とかあとあとまで何か後遺症が残るのかな?
と思いがちですが、それほど悪い影響があるわけでもなく、後遺症も残ることはありません。

 

シアリスに限らず、バイアグラやレビトラなども同じような副作用が出てくる時があります。

 

シアリスの副作用で最も代表的に一般的に報告されるのは顔のほてり、偏頭痛、紅潮、です。

 

ほかには、消化不良、鼻水、鼻づまり、筋肉痛、アレルギー反応、むくみ、胸の痛みや動悸などです。

 

これは、シアリスの効果である血流の流れを良くする事によって、このような現象が起こります。

 

ですから、効果が切れたら自然に副作用も治まっていきます。

 

ですが、あまりに副作用がひどくなった場合はすぐに医療機関にて受診を行ってください。

 

 

私の場合は、頬が少しほてってくる感じでした。
ユンケルやアルギンZを飲んだ時のように感じました。

 

心臓に疾患がある方、ニトログリセリン等の硝酸塩薬を服用中の方は危険ですので、シアリスの使用はお止めください。

 

症状から見ると、シアリスはバイアグラやレビトラと似た副作用が現れますね。

 

ただし、シアリスに関しては、効果とともにほとんどの人が感じる副作用ではなく、約3割の人が実感するという程度なので、発症率的にはバイアグラやレビトラより低いと言えそうです。

シアリスの嬉しい副作用

シアリスには別の良い副作用があります?。

 

2011年10月に米国FDAで前立腺肥大症治療として承認されたのです。

 

ED治療薬の愛用者は、中年過ぎの方が非常に多く、同時に前立腺が肥大している方が多いです。

 

若いときには勢いのよかった小便が、最近はなんとなく勢いが無くなって、ちょろちょろとしか出なくなっているでしょう。

 

しかしシアリスを愛用すると、若い時に戻ったように勢いのある小便になります。

 

気持ちよく排尿し終わった後も、タラッと垂れるのが治り下着を汚したりするのを防ぎます。

 

また残尿感もなくなり、すがすがしく用を足せるというED治療薬以外の効能も実感できるのは、嬉しい朗報です。

 

 

≪純正品シアリスの公式サイトはこちら≫


ホーム RSS購読 サイトマップ