居住物件について

居住物件について

居住物件について

銀行カードローンで居住物件について、融資に違いが出るかどうかを解説しいます。

 

居住物件については、持ち家や分譲マンションの場合は金融機関に好まれる傾向にあります。
住宅ローンを組んでまだそれほど年数が経っていなくて、ローンがたっぷり残っていても有利です。
住宅ローンを組んだ段階で安定した収入というのが証明されています。
また持家の方は引っ越しで移動する方が非常に少なく、安定性があります。
更に住宅ローンがかなり少ない方は、居住物件が資産になり金融機関も安心します。

 

自分が持家で無くても、配偶者や親が持っていてもプラスになります。

 

賃貸物件に住んでいる方はプラスにはなりませんが、マイナスにも成りません。

 

 

本サイトで紹介している銀行カードローン会社では、そこの銀行で住宅ローンを組んでいる方にはカードローンの利率を安くしてくれる会社もあります。
そこの銀行カードローンを使うのも良策です。

 

金利は安くなりませんが、自分が利用している住宅ローンの銀行の会社のカードローンを利用するのも一考です。

 

 

住宅ローンを組んでいる方に比較的に優しい銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

ATM利用手数料無料(全国の提携コンビニATMでいつでも何度でも!)
みずほ銀行カードローン

銀行のカードローンといえばみずほ銀行カードローン
金利年2.0%〜14.0%
最高ご利用限度額800万円
さらに、みずほ銀行の住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの店頭表示の基準金利より
 金利を引き下げ適用。 ※引き下げ後の金利は年1.5%〜13.5%となります。

 

商品詳細はこちら

実質年率

利用限度額

審査時間

年2.0%〜14.0%

10万円〜800万円

2週間程度

ご利用可能ATM

申込(公式サイト)

どうなんだろう?

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ