希望金額が大きいと審査は厳しいの?

希望金額が大きいと審査は厳しいの?

希望金額が大きいと審査は厳しいの?

銀行カードローンは金額が大きく使える商品ですが、審査は厳しくなるのか?実際は審査が通らないのか?などの疑問について解説します。

 

現在の銀行カードローンは、

 

大きな金額

 

低金利

 

資金使途自由(事業性資金は除く)

 

無担保・無保証人

 

が大きなポイントです。

 

どこの金融機関も、顧客が約定どおり毎月キチンと返済してくれることを前提に融資をします。
返済が滞った顧客に対し、督促や回収の為に時間とコストをかけることは望みません。

 

昭和の時代には、無担保・無保証でお金を貸してくれるところが多く存在していました・
その前はお金を借りるときは、担保や保証人をつけないと貸してくれない時代でした。
この無担保・無保証の債権は支払いの滞る債務者が非常に多く、貸し倒れも多く低金利ではとてもやっていけない事業で、金利も年36%や48%、54.75%など現在の金融情勢とははるかにかけ離れた高金利時代でした。

 

現在は上記のポイントで回収コストをなくすため返済力を重視しています。

 

当然審査は慎重になり、返済力のない顧客は審査に通りません。
しかしほとんどの銀行カードローンには保証会社が入っています。保証会社は貸付、回収のノウハウが優れていますので柔軟に対応もしてくれます。

 

審査の基準は各社によって違いますが大まかに分けて、一般的に「そうだろうな」と思われることが多くなっています。

 

会社の規模は小さい会社より大きな会社。

不安定な会社より安定している会社。

勤続年数は、少ないより長い。

収入は少ないより多い。

借入件数の多い人より少ない人。

資金使途が後ろ向きより前向き。

 

 

銀行カードローンを扱っている会社も優良客を獲得したがっています。
多少のマイナス要因があってもあきらめることはありません。
借入金額も少なくなれば、返済金額も当然少なくなり無理なく返済ができます。
返済力が十分なら、審査も通る確率もよくなります。
実績を積み重ねれば、増額してくれる場合も出てきます。
自分で毎月返済できる金額を頭に入れて、無理のない借入をしてください。

総合力一番オススメカードローン

みずほ銀行 カードローン
みずほ銀行カードローン ご利用限度額が50万円以下の場合は収入証明書が不要。

全国の提携コンビニのATMで借入から返済まで出来て、便利です。

商品詳細はこちら

申込(公式サイト)

実質年率

利用限度額

評価

年2.0%〜14.0% 10万円〜800万円 銀行カードローン情報,審査,厳しいのか

 

楽天銀行カードローン
楽天銀行 口座開設 ご入会だけで楽天スーパーポイント1,000ポイントプレゼント

おまとめとしてもご利用可能

商品詳細はこちら


申込(公式サイト)

実質年率

利用限度額

評価

年4.9%〜14.5% 最大500万円 銀行カードローン情報,審査,厳しいのか

 

ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」  お申込みは全国からOKです。

主婦、アルバイト、契約社員の方もお申込みOK

商品詳細はこちら

申込(公式サイト)

実質年率

利用限度額

評価

年2.5%〜18% 最大1,000万円 銀行カードローン情報,審査,厳しいのか

ホーム RSS購読 サイトマップ