職業について

職業について

職業について

銀行カードローンを融資申込で、職業によって違いが出るかどうかについて解説します。

 

職業によって融資に差が出るかどうか?というと現実問題として差が出ます。

 

金融機関にとってやり易い顧客としては、安定している会社に勤務している方です。
ここでいう安定とは、倒産の心配もなく、定年退職まで勤務でき、収入も安定している方です。

 

金融機関にとって困るのは、返済が滞ることです。
会社が倒産して給料が出なくなった。リストラで仕事が無くなり給料がもらえなくなった。不景気でボーナスや給料カットで支払いが出来なくなった。
本人が悪いわけでなく、不可抗力で返済が出来なくなる方も出てきます。

 

よって公務員は安定した収入が期待でき、勤務先の倒産による収入の変化が起きる可能性もほとんどないことから高評価を得られる職業です。
また大手企業の正社員が審査で高評価を受けるのは、転職の可能性が低いことと給与が高いので返済での遅滞の心配がほとんどないことが挙げられます。

 

しかしそれ以外の職業の方も多いのも事実です。
金融機関は職業に対して融資をしているわけではありません。

 

他に職業がらみで有利なものについては、安定した収入、勤続年数が短いより長い、従業員数が2〜3名より50名とか100名とか人数がいるところなど他に見るところも多いのも確かです。

 

このサイトで紹介している銀行カードローンでは、主婦や年金受給者、パート・アルバイト、自営の方も使えるローンもあります。

 

自分に合ったカードローンをご利用ください。

 

 

比較的職業に対し柔軟な対応の銀行カードローン

楽天銀行カードローン

必要書類が少ないから、手続きカンタン

 

 

ご入会だけで楽天スーパーポイント1,000ポイントプレゼント
おまとめとしてもご利用可能
申込・詳細

商品詳細はこちら

 

お借入利率(年率)

お借入金額

審査時間

年率4.9%〜14.5%

最大500万円

最短即日

ご利用可能ATM


申込(公式サイト)


ホーム RSS購読 サイトマップ