銀行カードローン会社の選び方

銀行カードローン会社の選び方

銀行カードローンの選び方

銀行カードローンはどこも似たり寄ったりでどこに申し込めば、いいのかわかりにくいという声が聞かれます。
そこで当サイトの銀行カードローン情報では、銀行カードローンを知り、自分に合った銀行カードローンを使えるようにお手伝いをいたします。

 

 

銀行カードローンの審査は各社で違ってきます。

 

審査を通したいと思ったならば、自分の条件に合う金融機関のカードローンを選ぶ必要が出てきます。 (自分が主婦だったら主婦でもOKなところ。パート・アルバイトならその仕事がOKなところ)

 

 

どこの会社もいい顧客を獲得するので必死です。
日本がまだバブルの時代にも銀行のカードローンは200万円まではすぐに融資していました。
当時、消費者金融と銀行の昔からの優良客の選定方法(ノウハウ)が違い銀行のカードローンは焦げ付きが多くなり壊滅的な打撃を受けました。

 

 

しかし現在は消費者金融の柔軟な対応の貸付方法を熟知した会社が、保証会社として入っています。
審査も慎重ながら柔軟に変化をしております。
会社によって傾向がありますので、その傾向の会社に申込むのが融資を受ける近道です。

 

 

安定した収入の方を対象としているところに、収入が無い方が申しこんでも審査は通りません。
事業性資金は不可のところに事業性資金を申込んでも、審査は通りません。

 

 

銀行のカードローンは審査が厳しいという声も聞かれますが、金額とか欲張らなければ結構すんなり審査は通る場合も出てきています。

 

 

安定した収入が見込めない人や年収が安定していても少ない人、他社からの借入が多い人や高額借入残高がある人は審査に通りにくいのが一般的です。
しかし実際は申込んでみないと分からないのが実情です。

 

 

銀行も営業ノルマや経営戦略があり、細かな審査基準はシーズン毎に変わります。
基本的にCMを頻繁に流している会社、広告をよく見かける会社は貸出に前向きです。

 

 

仮に審査に落ちた場合であっても、他の金融機関での審査には通る可能性は残されています。
まずは審査に通らなかった原因を探ることが大切でしょう。その上で改めて金融機関を選択してください。
原因も分からずに申し込みを繰り返していると、更に審査に通らなくなることもあります。

 

当サイトで自分に合った銀行カードローンをお選びください。

注意

一度に2社も3社も同時に申込むのはNGです。
    必ず1社ずつ申込んで下さい。

どうなんだろう?

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ