銀行カードローンのマイナス面

銀行カードローンのマイナス面

銀行カードローンのマイナス面

銀行カードローンはいいところばかりではありません。反対にマイナス面もあります。

 

慎重審査

 

銀行カードローンのマイナス面は、審査が慎重な点です。
基本的には、就労実績・定収入があるなど返済力のある方などは審査に通りますが、特に個人信用情報機関の情報に事故情報(一般的にブラックともいう)が載っているとまず融資は受けられません。
銀行は回収業務をやりたがりません。まして貸し倒れなどはご法度で余計な事を省いて、その分金利を安く提供しています。

 

個人信用情報機関に事故情報がある方は申し込んでも無駄です。

 

また明らかに返済力の無い方は、審査に通りません。
銀行カードローンは。毎月支払日にキチンと返済してくれる顧客を対象としています。

 

 

限度額が低い

 

カードローンの限度額の表示は高く表示されていますが、誰でも同じ限度額まで借りられるわけではありません。
これはその銀行の商品の限度額であって、その方にはそれぞれ限度額が設定されます。
ただ初回に決まった限度額は、取引している間に増額も可能です・
最初から無理をして必要以上に借りるのはよくありません。

 

一般的にカードローンは他の目的ローンと比べて便利な反面、他の目的ローンよりも限度額が低く設定されています。
会社によっては高額な融資が可能なところもありますが、高額な限度額での融資が最初から受けられるといったことはほぼありません。
もし目的が決まっており、そのためのローンを組みお金を借りたい、というのであれば住宅ローンや教育ローンなどの目的型のローンを利用した方が良いかもしれません。

 

金利

 

カードローンと他の目的ローンを比較した際に挙げられる特徴としては、カードローンが目的ローンと比べて金利が若干高くなっています。
目的ローンは用途が限られているため、金利も低くおさえられていおりますが、カードローンは多目的のため目的ローンと比較すると若干金利が高くなっております。
しかし、カードローンの自由度からすれば、多少金利が高くても便利なカードローンを利用するのは有利であると考えられます。
※目的ローンと比較すると高いですが、一般的なローン・キャッシングと比較すると安い利息で使えます。

 

 

お金の管理

 

カードローンの特色として、簡単にお金の借入れが可能であるという点が挙げられます。
しかし、便利な半面これが逆にマイナスになってしまう可能性もあります。
カードローンは銀行のATMやコンビニのATMで利用が可能であり、簡単に引き出すことが可能です。
そういった手軽さから、自分のお金と借入金の区別がつかなくなる時があります。
知らない間に借金が膨らむケースも出てきますので、注意が必要です。

 

あくまで借りた金であるという自覚を持ち、無理のない返済を計画立てて利用してください。

 

 

無店舗の新しい銀行スタイルのネットバンク

ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」

専業主婦(女性のみ可)の方でも、配偶者に安定した収入があればお申込みOK
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 

 

お申込みは全国からOKです。
主婦(夫)、アルバイト、契約社員の方もお申込みOK
毎月の返済ご指定日に、普通預金口座から自動引き落としされます(約定返済)
少ない返済金額と少し多い返済金額を選べます!
申込・詳細

 

商品詳細はこちら

 

実質年率

利用限度額

審査時間

2.5%〜18%

最大1,000万円

若干

申込(公式サイト)


ホーム RSS購読 サイトマップ