個人信用情報機関

個人信用情報機関

個人信用情報機関について

金融機関が融資実行を審査するにあたり、判断材料にするのが、申込者(債務者)の個人信用情報です。

 

個人信用情報機関にはその方の、現在の借入状況が登録されています。
個人信用情報機関には、債務者の個人情報が登録されており、現在の借入状況が登録されています。
現在の借入状況とは、いつ、どこの会社から、いくら借り入れて、最後に支払った日付、現在の残高、が借入会社ごとに登録されています。

 

そして通常債権か、支払いが遅れている延滞債権か、また延滞も一時的なものか、長期延滞者かも登録されています。
更に問題のある情報として、保証履行(債権者が問題のある債権として管理債権として保証会社に債権譲渡など)、身内からの貸出禁止依頼(この人に貸さないで下さい。)や法的手続き(自己破産、任意整理など)などの情報が登録されています。

 

金融機関はこの情報を参考に、融資をするかどうかを審査します。
金融機関は事故のある方は敬遠します。
金融機関は債権の回収業務は余計な仕事で、莫大な時間と手間とお金をかけたくありません。

 

銀行のカードローンは事故情報のある方はほとんど通りません。

 

個人信用情報で他には利用者の氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先などが登録されています。

個人信用情報機関

個人信用情報機関は現在3機関あります。

 

 JICC

 

 貸金業専業者・信販会社・保証会社・クレジットカード会社・リース会社など

 

 CIC

 

 信販会社・クレジット会社・保証会社・自動車販売、機械等のローン、リース会社・百貨店・デパートなど

 

全銀協 信用情報機関ではありませんが、上記3社の個人信用情報の交流システムです。

 

 全国銀行協会の正会員の銀行・それ以外の銀行、信用金庫、信用組合・協同組織金融機関・政府関係金融機関・信用保証協会など

 

 CRN

 

Credit Information Networkの略で「クリン」と呼んでいます。
JICC、全国銀行個人信用情報センター、CICの三機関で運営されており昭和63年に構築した個人信用情報の交流システムです。
、多重債務の防止と健全な消費者信用の発展のために設立され、 CRINを通じて消費者金融での延滞情報を参照できるようになっています。

 

相互交流ネットワークにより、延滞等の情報、紛失・盗難、同姓同名の別人に関する本人申告コメント情報の交流を行っています。
提携する他の信用情報機関と情報交流を行うことにより、顧客の他業態での延滞等の状況を確認することができ、過剰貸付の防止、多重債務者発生の抑止に効果をあげています。

個人信用情報機関の役割

個人信用情報機関の役割は、改正貸金業法の施行によって既に多額の借入をしている人に更に融資し、多重債務者にしてしまわないための個人信用情報の収集と管理、そして提供です。

 

ローンやクレジットに関する情報は5年間登録されています。
万が一返済の遅滞などを起こした場合には、発生日から5年間はその情報が記録として残されます。

 

指定信用情報機関には、両者が保有する個人信用情報を相互に交流することが法律で義務付けられているため、貸金業者は申込者の現在の借入残高を把握できるようになっています。
新たな借入を希望した場合や返済する度に各金融機関から登録されている個人信用情報の報告があり、指定信用情報機関はそれに基づいて情報を更新します。 利用者も自身の情報が正確であることは重要です。
住所変更や勤務先の変更などがあった場合は、速やかに利用している貸金業者へ申告する必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ