借入限度額について

借入限度額について

借入限度額について

銀行カードローンは、大きな借入限度額が設定されています。しかしこの限度額は申込されたすべての方が全員適用されるわけではありません。

 

銀行カードローンの 借入限度額は金融機関によって異なりますが、500万円までとか900万円までと金額が大きくなっていますが、これはその金融機関のその商品の最大融資金額を記載しているものであり、いきなり誰でも初回からその金額を使えるわけではありません。
初めてその会社でカードローンを利用する場合には、ほとんどの会社は借入限度額を100万円くらいにしているところが多いみたいです。

 

どこの金融機関でも可処分所得を見ます。

可処分所得とは?

 可処分所得とは、労働の対価として得た給与やボーナスなどの個人所得から、支払い義務のある税金や社会保険料などを差し引いた、残りの手取り収入のこと。個人が自由に使用できる所得の総額。個人の支払い力、購買力を測る際には、一つの目安とされる。

 

つまり返済力を見ますので、支払えない極度額の契約はしません。

 

カードローンの審査基準には、申込者の勤務先や勤続年数、過去の借金での返済実績などがあり、その個人情報に基づいて借入限度額は決定されます。
そのため、公務員や大手企業の正社員など安定した収入が見込める方と、勤続年数が短く、収入に安定感がない派遣社員やパート社員では借入限度額に違いが生じます。

 

申込するときは必要な金額で、返済出来る金額で申込みましょう。
※余裕のある方は限度額で申込みしても大丈夫です。(金融機関の審査で限度額を決定してくれます。)

 

利用限度額を増やしていくには返済の実績を作っていき、利用年数の経過と共に限度額が上がるのを待つのが最も理想的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ